改善

思春期を超えても、亀頭が露出されない、包皮に覆われている状態であれば、包茎と判断されます。
包茎はそのまま放置すると、様々なトラブルを引き起こすので、包茎と判断された時点で、包茎手術する必要があります。

クリニックでの包茎手術は、余剰部分の包皮を切除する手術をします。
勃起した状態に合わせて余剰包皮を切除し、亀頭を露出させます。

以前までは、「中央部環状切開縫合術」という方法が主流として手術されていましたが、現在では、「亀頭直下法」という方法で包茎手術が行われています。
亀頭直下法であれば、術後も傷が目立たなく、手術痕も残さずにキレイな仕上がりを見せます。

中央部環状切開縫合術では、術後は亀頭が露出されるものの、メスを入れた部分が目立ち、審美性があまり良くありません。
美観までは考慮していないので、現在ではこの方法で手術を行っているクリニックはほとんどいません。

Powered by WordPress | Designed by: video game | Thanks to search engine optimization and seo agency